ターンオーバーを正常化して促進する食べ物

ターンオーバーが長くなるとく、シミやシワ、くすみや毛穴の汚れ、ニキビなどの原因になります。
それは、古い角質細胞が肌に残ったままになり、肌は潤いを無くしカサカサになるからです。
また、紫外線を浴びて生成されたメラニンは排出されずにいつまでも残ってしまってしまうために肌がくすみっぱなしにもなるんです。
ターンオーバーは10代、20代は28日周期ですが、30歳代では40日、40歳代では50日、50歳代は75日、60歳代になると100日にもなると言われています。
そこで今回はターンオーバーを正常化して促進する食べ物をご紹介致します。

ターンオーバーを正常化して促進する食べ物

ターンオーバーを正常化して促進する食べ物

ターンオーバーを正常化して促進する食べ物には、なんといってもバランスの良い食事が欠かせません。
3食きっちりとバランスよく摂ることを心掛けましょう。
バランスの良い食事を摂ることが大前提ですが、ターンオーバーを正常にして促進するキーとなる食べ物は、タンパク質とビタミンB2です。
これはなぜかと言うと、タンパク質は細胞のもととなり、ビタミンB2は皮膚や粘膜の代謝を促す働きがあるからです。
ビタミンAも細胞の増殖や分化をスムーズにして、皮膚や粘膜の健康維持をサポートしてくれる栄養素です。
また、代謝促進と皮膚内のコラーゲンの生成を助ける亜鉛も欠かせません。
これらを効率よく摂取するには、ビタミンB6も併せて摂るようにしましょう。
ビタミンB6は、タンパク質の分解や生成を促進させて皮膚や粘膜を作る働きを助けるからです。

たんぱく質 肉類、魚介類、卵類、大豆製品、乳製品など
亜鉛 牡蠣、煮干し、牛肉、豚レバー、納豆、卵、玄米ご飯など
ビタミンA ニンジン、ホウレン草、しそ、カボチャ、サバ、イワシ、ウナギ、アナゴ、乳製品、卵、海苔など
ビタミンB2 レバー、ウナギ、卵、納豆、アーモンド、乳製品など
ビタミンB6 唐辛子、にんにく、パセリ、かぶ、かつお、まぐろなどの魚類、レバー、肉、バナナなど

 

オススメの食事は、「キノコの野菜の炒め物」と「モロヘイヤのスープ」です。
「キノコの野菜の炒め物」と「モロヘイヤのスープ」
※画像はcookpadより引用

なぜキノコが良いかというと、キノコはビタミンB2を多く含んでいるだけではなく、腸内環境を整える食物繊維も豊富に含まれているので吸収も良くなるからです。
また、キノコと一緒にアスパラガスや赤ピーマンなどの野菜も一緒に食べましょう。
アスパラガスや赤ピーマンには、抗酸化ビタミンであるβカロテンやビタミンC、ビタミンEを豊富に含んでいるから肌の老化を招く“活性酸素”を除去してくれるんです。
モロヘイヤもβカロテンやビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6が豊富に含まれていて、ビタミンB1やB2に限っては、ほうれん草の5倍も含まれていると言います。

 

ターンオーバーとは!?

ターンオーバーとは、皮膚の生まれ変わりのことで、表皮がどんどん新しい細胞に入れ変わっていくことです。
ちょうど「ところてん」のように後ろから新しい肌細胞に押されて前から古い肌細胞が出ていくという感じで肌の新旧が入れ変わります。
ちょっと難しい話しになりますが具体的には、肌は基底層で生まれた角化細胞(ケラチノサイト)が、肌の表面に向かって上がっていくにつれ、有棘細胞(ゆうきょく)、類粒細胞(かりゅう)と姿や役目を変えていき、最終的には角質細胞になって肌の最表面となり、古い角質細胞が自然に剥がれ落ちていきます。
これがターンオーバーなんです。
もしこのターンオーバーが正常な周期で行われず長くなってしまうと、肌には古い角質細胞が残り肌はカサカサになってしまいます。
さらに、紫外線などの刺激受けて生成されたメラニンは排出されなくなりく肌がくすんでしまうんです。
この剥がれ落ちるまでの周期が28日間前後だと理想的で常に健やかな細胞で肌の表面が覆われている状態です。
しかし、この周期がホルモンバランスや食生活の乱れや紫外線の影響で遅くなったりしてしまうんです。
一般的に20歳をピークに28日からどんどん遅くなっていきます。30歳代では40日、40歳代では50日、50歳代は75日、60歳代になると100日にもなると言われています。

 

食事以外にもターンオーバーを正常化するには「血行」が大事

食事以外にもターンオーバーを正常化する大切なものがあります。
それは「血行」です。
なぜなら、せっかく摂取した栄養素も肌の成長に役立てられなかったら意味がないからです。
栄養が血液によって十分に運ばれていることが大切なんです。
もし血液の流れに滞りがあると肌細胞はエネルギー不足できちんと育たなかったり、新しく肌細胞を生み出せなかったりします。
正しい食事をしてその栄養がきちんと巡るように血行を良くすることが大事です。
血行をよくするにはマッサージや適度な筋肉量が必須です。
重力に逆らって血をめぐらせるには筋肉による血流のポンプ作用が実は重要です。
ですので、適切な筋肉量を保持する事は健康な肌にとっても必須ともいえるんです(^^♪

 

ターンオーバーは角質ケアでも正しくできる

ターンオーバーとはピーリングやゴマージュ、スクラブなどで角質ケアをすることで、28日の周期を刻めなくなった肌を理想的な周期に近づけることができます。
このピーリングとは、酸などのケミカルな成分を使って、角質をやわらかくして剥がし落としやすくする方法です。
また、スクラブは、微粒子を使って物理的に角質を剥がし落としていく角質ケアのことです。
一方のゴマージュはハーブや植物の種などの天然成分を用いて古い角質を取り除きます。
ゴマージュやスクラブは、細かい粒子が肌の上を転がって毛穴の中の汚れを書き出すなど物理的な摩擦で古い角質も取り除くことができます。
多少肌への刺激が懸念されるため粒子が細かくでざらざらしすぎないもの、肌に伸ばした時に痛くないものを選びましょう。

 

ターンオーバーは早ければ早いほど良いは間違い

肌の生まれ変わりが早ければ常に肌が綺麗であるかというとそうでもありません。
なぜなら、まだ表面に出るべきではない未熟な細胞が出てきてしまうからです。
そのため、外的刺激から守るバリア機能を十分に果たすことができません。
肌は紫外線などの影響を受けやすくなり、乾燥や肌トラブルが起こってしまうのです。
バランスの良い食事と規則正しい生活、紫外線対策、ピーリングなどのスキンケアで年齢に応じたターンオーバーに戻すことができます。

 

シミやシワなどスキンケア商品をもっと知りたい方はこちら

 

毛穴を目立たなく したい方必見!毛穴のオススメお手入れ法とは!?

年齢を重ねるごとに、目立つ毛穴の数は増えていきます。
毛穴の数が増えている訳ではありません。
というのも毛穴の数は生まれた時から増減はしないと言われているからです。
では、なぜ毛穴が目立ってしまうのでしょう?
それは、毛穴が開いてたり、肌がたるんでしまっているからなんです。
目立つ毛穴は顔に影を作って、顔全体の印象まで変えてしまいます。
そこで、今回は毛穴が目立つ理由と目立たなくするにはどのようなお手入れが良いのかをご紹介致します。
毛穴を目立たなく したい方必見!毛穴のオススメお手入れ法とは!?

毛穴が目立ってしまうの6つの理由

年齢を重ねるごとに、顔全体がなぜか暗い感じで、どことなく以前と違ってきているような・・・。
それは気のせいではありません、もしすると毛穴が開いたり、肌がたるんだりして毛穴が目立ってきているからかも知れません。
なぜなら、毛穴が目立つと顔に影ができて、顔全体の印象が暗くなりがちだからです。
では、なぜ毛穴が目立ってしまうのでしょうか?
それには6つの理由があります。
でも安心してください、それらはすべてちょっとしたスキンケアをするだけで改善できてしまいます。
1.肌のたるみ
2.肌の乾燥
3.角栓のつまり・黒ずみ
4.毛穴の開き
5.ストレス
6.生活習慣

1.肌のたるみ

美肌

肌がたるむことで毛穴が下に引っ張られて毛穴が開いて目立ってしまいます。
この場合、毛穴が縦長でしずくのような形になります。
これは加齢による筋肉の衰えや紫外線などが原因で肌がたるみ、重力に引っ張られおきてしまいます。
肌の水分量やコラーゲンが減ってハリが失われているので、十分な保湿をしてあげることが大切です。

2.肌の乾燥

肌の乾燥

本来、肌は角質がバリアとなり、水分を保持しています。健康な肌は、汗などの水分と皮脂が混ざり合ってできた皮脂膜で覆われていて、角質層にたまった水分の蒸発を防ぐことによって皮膚の潤いが保たれています。
が、加齢や紫外線により角質層が傷ついたり、皮脂が減少すると、バリア機能が弱まり肌の潤いや水分が不足し肌が乾燥します。
肌の乾燥には、加齢によるものや、脂性によるもの、敏感肌による乾燥があります。
加齢によって肌が乾燥している方は、角質層のセラミドやコラーゲンが加齢とともに減少しているので乳液やクリームをたっぷり塗って保湿することが大切です。また、脂性による乾燥肌の方は、洗顔しすぎに注意することが大事です。また、敏感肌による乾燥肌の方は、添加物の少ない良質なスキンケア製品を選ぶようにましょう。

3.角栓のつまり・黒ずみ

角栓のつまり・黒ずみ

角栓のつまりや黒ずみは、古くなった皮膚やファンデーション、日焼け止めが皮脂と混ざり、酸化することで起こります。ですので、一度、使用しているクレンジングを見直してみましょう。というのも、角栓ができる最大の原因はクレンジングが大きく関係しているからです。洗浄力の強いクレンジングを使っていると角栓だけではなく肌表面の角質も剥がれやすくしているんです。

4.毛穴の開き

毛穴の開き
毛穴が開いてしまう原因には、さまざまな要因がありますが、主に皮脂の過剰分泌や肌の乾燥、加齢による肌のたるみ、ニキビ痕などがあります。たとえば、皮脂が過剰に増えると皮脂線が発達し、皮脂の出口が大きくなってしまうため毛穴が開く原因になります。また、肌が乾燥すると水分不足になり肌のキメが乱れて毛穴が目立ってしまうのです。毛穴の開きを防ぐには、正しい洗顔と保湿が大事です。肌を洗うときはゴシゴシと強くこすらず、やさしく、丁寧に洗ってあげることで、余分な皮脂を取りすぎないようにしましょう。また、毛穴の開きを気にしすぎて、過度な毛穴パックや刺激の強いピーリング剤を使うとかえって肌を傷つけることもありますので注意しましょう。

5.ストレス

ストレス
毛穴が開いたり目立ってしまう原因にストレスも関係しています。というのは、ストレスは皮脂を過剰に分泌することもあるからなんです。皮脂が過剰に部運筆されることで、毛穴が押し広げられて開いたり、角栓がたまったり、黒ずみなどが起ったりするからなんです。ストレスが続くと自律神経のバランスが乱れて、脳下垂体から副腎皮質ホルモンが多量に分泌されます。それにより男性ホルモンの分泌が高まって皮脂が増え、毛穴トラブルの原因という訳なんです。ですので、できるだけストレスがたまらないように、どこかで発散しましょう(^^♪

6.生活習慣

生活習慣
毛穴に限らず肌全般に言えることですが、食生活や睡眠、ストレス、運動など生活習慣は肌に大きな影響を与えます。というのも、糖質や脂質が多い食事ばかりをされていると、皮脂の分泌量が増え、毛穴が開いてしまうこともあるからなんです。また、睡眠不足や運動不足が続くと体の調子も悪くなるので自然と肌の機能も低下し、肌の調子も崩れていきます。適度な運動と睡眠をとり体から整えていくことも肌には大事なんです。

 

毛穴の働きは皮脂の出口

毛穴
毛穴が開いたり黒ずんだり、ニキビができたりして肌のトラブルになる毛穴ですが、そもそも毛穴はなんのためにあるのかと言うと、皮脂や汗、老廃物を排出するところなんです。また、毛穴から分泌される皮脂と汗が合わさることで、皮脂膜を形成して、お肌内部の水分が逃げないようにもしています。その皮脂膜は、外部からの刺激からお肌を保護する大切なバリアとしての役割を果たしているんです。そのほか、体温調整の働きもある大切な毛穴なんですよ(^^♪

 

毛穴を目立たなくするためのおすすめ原因別お手入れ方法

気になる毛穴ですがどのようにお手入れをすれば良いのでしょうか?
そこで、目立つ原因別に毛穴のお手入れ方法をご紹介致します。

 毛穴が目立つ原因  オススメお手入れ方法
 肌のたるみにより毛穴が目立つ方 肌のハリと弾力を回復する必要があります。肌に含まれるコラーゲンやエラスチンの減少が考えられるので、コラーゲンを増やす効果があるレチノール配合の化粧品やビタミンC誘導体(L-アスコルビン酸)が配合された化粧品などがおすすめです。レチノールとは、「ビタミンA」のことで、高いエイジングケア効果があり、粘膜や皮膚を健康に保つ効果があると言われています。また、ビタミンC誘導体とは、ビタミンCを肌へ浸透しやすくしたもので、ハリ・弾力を担うコラーゲンを増やしたり、メラニンの生成を抑制してシミ・そばかすを防ぐ効果があります。
 肌の乾燥により毛穴が目立つ方 肌の乾燥には、加齢によるものや、脂性によるもの、敏感肌による乾燥があります。
加齢によって肌が乾燥している方は、角質層のセラミドやコラーゲンが加齢とともに減少しているので乳液やクリームをたっぷり塗って保湿することが大切です。また、脂性による乾燥肌の方は、洗顔しすぎに注意することが大事です。また、敏感肌による乾燥肌の方は、添加物の少ない良質なスキンケア製品を選ぶようにましょう。
 角栓のつまり・黒ずみにより毛穴が目立つ方 角栓のつまりや黒ずみは、古くなった皮膚やファンデーション、日焼け止めが皮脂と混ざり、酸化することで起こります。ですので、一度、使用しているクレンジングを見直してみましょう。洗浄力の強いクレンジングを使っていると角栓だけではなく肌表面の角質も剥がれやすくしているんです。オススメは、酵素洗顔です。なぜなら、角栓は、皮脂とタンパク質が混じってかたくなったものです。酵素はタンパク質を分解する力があり、角栓の中の角質を分解して、除去することができるから角栓には効果的なんです(^^♪
 毛穴の開きにより毛穴が目立つ方 毛穴が開いてしまう原因には、さまざまな要因がありますが、主に皮脂の過剰分泌や肌の乾燥、加齢による肌のたるみ、ニキビ痕などがあります。たとえば、皮脂が過剰に増えると皮脂線が発達し、皮脂の出口が大きくなってしまうため毛穴が開く原因になります。また、肌が乾燥すると水分不足になり肌のキメが乱れて毛穴が目立ってしまうのです。毛穴の開きを防ぐには、正しい洗顔と保湿が大事です。肌を洗うときはゴシゴシと強くこすらず、やさしく、丁寧に洗ってあげることで、余分な皮脂を取りすぎないようにしましょう。また、毛穴の開きを気にしすぎて、過度な毛穴パックや刺激の強いピーリング剤を使うとかえって肌を傷つけることもありますので注意しましょう。オススメは収れん作用がある成分を配合した化粧品を使用することです。収れん作用とは肌を引き締めることを言います。その収れん作用のある成分とは、アーティチョーク(アーチチョーク葉エキス)やハマメリスエキスです。ですのでアーティチョーク(アーチチョーク葉エキス)やハマメリスエキスが配合された化粧品をご使用されてみてはいかがでしょうか。
アーティチョーク(アーチチョーク葉エキス)とは、フランス料理などにも用いられる食用植物の西洋野菜で、食べて美味しいだけでなく、実は健康・美容にも効果があります。西洋では伝統的な植物療法でも活用され、紀元前のギリシア・ローマ時代から美肌に効果的なハーブとしてヨーグルトに混ぜたり、美容パックとしても使用されていました。このアーティチョークの葉から抽出したエキスが、「アーティチョーク葉エキス」です。アーティチョーク葉エキスの成分に含まれる「シナロピクリン」には、肌荒れを防いだり、ハリや弾力をUPさせるなどの美肌効果があります。また、毛穴トラブルにも効果が成分としても注目されています。

ハマメリスエキスとは、マンサク科植物アメリカマンサク(ハマメリス)の葉や樹皮から抽出された成分で、英名では「ウイッチヘーゼル」と呼ばれます。化粧品成分として古くから利用されていて安全性が高い成分です。このハマメリスエキスには収れん作用があり、肌を引き締めてキメを整えてくれます。肌を健やかに保ち、皮脂の出過ぎを抑えるためニキビや毛穴の開きなどの改善に効果があります。

 

驚愕!肌悩みの1位はしみ、2位は毛穴の開き 年代で肌悩みが変わる!?

髪は女の命という言葉がありますが、肌も同じく女の命♪
その日の肌の状態によっては気分がウキウキしたりしますが、逆に肌の状態が悪いと気分が落ち込んでしまうこともあります。
ある大手美容家電販売会社が20代から50代の女性を対象に「肌悩み」に関する調査を行ったところ、約8割の女性が肌に自信がないと回答しています。
年代別でみると、年齢が若い年代では「ニキビ」や「毛穴の黒ずみ」で悩んでいる方が多いのに対して、年代が上がると「ハリ・弾力のなさ」や「しわ」で悩まれている方が多いです。
また、年代別によるスキンケアが必要と思いいつつも、実際は「お金がかかる」、「面倒」などの理由から十分なスキンケアができていないようです。
が、十分なスキンケアができていると回答した方の7割の方が肌に自信が持てるとも回答しているんですよ♪
そこで、今回は20代から50代の女性がもつ共通の肌悩みのご紹介や年代別での肌悩みをご紹介いたします。

肌悩みの1位はしみ、2位は毛穴の開き 年代で肌悩みが変わる!

20代~50代の肌悩み1位はしみ、2位は毛穴の開き、3位は乾燥・かさつき

大手美容家電販売会社が20代から50代の女性を対象に「肌悩み」に関する調査を行ったところ、約8割の女性が肌に自信がないと回答しています。
年代別に見ると、20代で71%、30代で80%、40代で80%、50代で77%と、女性の7割以上の方が肌で何らかの悩みをもっていることが分かりました。
20代でも7割以上の女性が、肌に自信を持っていないんですよ。
しみ」と「毛穴の開き」は、どの年代をとおしても常に上位5位までに入っています。
年齢が下がるほど、「毛穴の黒ずみ」や「にきび」で悩む方の割合が高くなります。
逆に年齢が上がると、「ハリ・弾力のなさ」や「しわ」で悩む方の割合が高くなりました。

こちらが20代から50代の女性がもつ共通の肌悩みの総合ランキングです。

 1位  しみ
 2位  毛穴の開き
 3位  乾燥・かさつき
 4位  毛穴の黒ずみ
 5位  くすみ
 6位  しわ
 7位  ハリ・弾力のなさ
 8位  クマ
 9位  にきび
 10位  ツヤのなさ
 10位  ベタつき

 

年代別の肌悩みもご紹介致します。

[20代の肌悩み]

 1位  毛穴の黒ずみ
 2位  乾燥・かさつき
 3位  毛穴の開き
 4位  にきび
 5位  しみ
 6位  ベタつき
 6位  クマ
 6位  ざらつき
 9位  くすみ
 10位  目元のうるおい不足

 

[30代の肌悩み]

 1位  毛穴の開き
 1位  しみ
 3位  毛穴の黒ずみ
 4位  乾燥・かさつき
 5位  くすみ
 5位  クマ
 7位  ハリ・弾力のなさ
 8位   しわ
 9位  にきび
 10位  ざらつき

 

[40代の肌悩み]

 1位  しみ
 2位  乾燥・かさつき
 2位  毛穴の開き
 4位  くすみ
 5位  しわ
 6位  ハリ・弾力のなさ
 6位  毛穴の黒ずみ
 8位  クマ
 9位  ツヤのなさ
 9位  ベタつき

 

[50代の肌悩み]

 1位  しみ
 2位  しわ
 2  ハリ・弾力のなさ
 4位  くすみ
 5位  毛穴の開き
 6位  乾燥・かさつき
 7位  ツヤのなさ
 8位  目元のうるおい不足
 9位  クマ
 10位  毛穴の黒ずみ

 

十分にスキンケアをされている方は、肌に自信をもっている!

「年齢に合わせたスキンケアが必要」と93%もの方がと回答した一方で、「十分にできていると思う」と回答したのはわずか7%なんです。
残りの93%の方は「できていないと思う」という結果が出ています。
多くの方は、「お金がかかる」、「面倒」、「方法が分からない」と言った理由からスキンケアをされていないようです。
しかし、「年齢に合わせたスキンケア」を十分にされている方の71%が、「肌に自信がある」と回答しているんですよ。
だから、十分にスキンケアをされている方は、「肌に自信がもてる」と回答しているんです♪
ですので皆さん! 諦めずに十分にお肌の手入れをしましょう!
手を抜いていると今は大丈夫でも2年・3年後にはシミやシワ、黒ずみ、毛穴の開きなどで大きく跳ね返って来てしまいますよ(^^♪

 

「年代で肌悩みが変わる!」のまとめ

今回は、「驚愕!肌悩みの1位はしみ、2位は毛穴の開き 年代で肌悩みが変わる!?」との内容で年代共通の女性の肌悩みの紹介や年代別での肌悩みをご紹介させて頂きました。


「年代で肌悩みが変わる!」のまとめ
 大手美容家電販売会社が20代から50代の女性を対象に「肌悩み」に関する調査を行ったところ、約8割の女性が肌に自信がないと回答されていることが分かった。
 年代別に見ると、20代で71%、30代で80%、40代で80%、50代で77%と、女性の7割以上の方が肌で何らかの悩みをもっている。
 「しみ」と「毛穴の開き」は、どの年代をとおしても常に上位5位までに入っている。
 年齢が下がるほど、「毛穴の黒ずみ」や「にきび」で悩む方の割合が高くなる。逆に年齢が上がると、「ハリ・弾力のなさ」や「しわ」で悩む方の割合が高くなる。
 「年齢に合わせたスキンケアが必要」と93%もの方がと回答した一方で、「十分にできていると思う」と回答したのはわずか7%。残りの93%の方は「できていないと思う」という結果が出ている。
 多くの方は、「お金がかかる」、「面倒」、「方法が分からない」と言った理由から十分なスキンケアをされていない。
 「年齢に合わせたスキンケア」を十分にされている方の71%が、「肌に自信がある」と回答。十分にスキンケアをされている方は、「肌に自信がもてる」と回答していることが分かった。