毛穴を目立たなく したい方必見!毛穴のオススメお手入れ法とは!?

年齢を重ねるごとに、目立つ毛穴の数は増えていきます。
毛穴の数が増えている訳ではありません。
というのも毛穴の数は生まれた時から増減はしないと言われているからです。
では、なぜ毛穴が目立ってしまうのでしょう?
それは、毛穴が開いてたり、肌がたるんでしまっているからなんです。
目立つ毛穴は顔に影を作って、顔全体の印象まで変えてしまいます。
そこで、今回は毛穴が目立つ理由と目立たなくするにはどのようなお手入れが良いのかをご紹介致します。
毛穴を目立たなく したい方必見!毛穴のオススメお手入れ法とは!?

毛穴が目立ってしまうの6つの理由

年齢を重ねるごとに、顔全体がなぜか暗い感じで、どことなく以前と違ってきているような・・・。
それは気のせいではありません、もしすると毛穴が開いたり、肌がたるんだりして毛穴が目立ってきているからかも知れません。
なぜなら、毛穴が目立つと顔に影ができて、顔全体の印象が暗くなりがちだからです。
では、なぜ毛穴が目立ってしまうのでしょうか?
それには6つの理由があります。
でも安心してください、それらはすべてちょっとしたスキンケアをするだけで改善できてしまいます。
1.肌のたるみ
2.肌の乾燥
3.角栓のつまり・黒ずみ
4.毛穴の開き
5.ストレス
6.生活習慣

1.肌のたるみ

美肌

肌がたるむことで毛穴が下に引っ張られて毛穴が開いて目立ってしまいます。
この場合、毛穴が縦長でしずくのような形になります。
これは加齢による筋肉の衰えや紫外線などが原因で肌がたるみ、重力に引っ張られおきてしまいます。
肌の水分量やコラーゲンが減ってハリが失われているので、十分な保湿をしてあげることが大切です。

2.肌の乾燥

肌の乾燥

本来、肌は角質がバリアとなり、水分を保持しています。健康な肌は、汗などの水分と皮脂が混ざり合ってできた皮脂膜で覆われていて、角質層にたまった水分の蒸発を防ぐことによって皮膚の潤いが保たれています。
が、加齢や紫外線により角質層が傷ついたり、皮脂が減少すると、バリア機能が弱まり肌の潤いや水分が不足し肌が乾燥します。
肌の乾燥には、加齢によるものや、脂性によるもの、敏感肌による乾燥があります。
加齢によって肌が乾燥している方は、角質層のセラミドやコラーゲンが加齢とともに減少しているので乳液やクリームをたっぷり塗って保湿することが大切です。また、脂性による乾燥肌の方は、洗顔しすぎに注意することが大事です。また、敏感肌による乾燥肌の方は、添加物の少ない良質なスキンケア製品を選ぶようにましょう。

3.角栓のつまり・黒ずみ

角栓のつまり・黒ずみ

角栓のつまりや黒ずみは、古くなった皮膚やファンデーション、日焼け止めが皮脂と混ざり、酸化することで起こります。ですので、一度、使用しているクレンジングを見直してみましょう。というのも、角栓ができる最大の原因はクレンジングが大きく関係しているからです。洗浄力の強いクレンジングを使っていると角栓だけではなく肌表面の角質も剥がれやすくしているんです。

4.毛穴の開き

毛穴の開き
毛穴が開いてしまう原因には、さまざまな要因がありますが、主に皮脂の過剰分泌や肌の乾燥、加齢による肌のたるみ、ニキビ痕などがあります。たとえば、皮脂が過剰に増えると皮脂線が発達し、皮脂の出口が大きくなってしまうため毛穴が開く原因になります。また、肌が乾燥すると水分不足になり肌のキメが乱れて毛穴が目立ってしまうのです。毛穴の開きを防ぐには、正しい洗顔と保湿が大事です。肌を洗うときはゴシゴシと強くこすらず、やさしく、丁寧に洗ってあげることで、余分な皮脂を取りすぎないようにしましょう。また、毛穴の開きを気にしすぎて、過度な毛穴パックや刺激の強いピーリング剤を使うとかえって肌を傷つけることもありますので注意しましょう。

5.ストレス

ストレス
毛穴が開いたり目立ってしまう原因にストレスも関係しています。というのは、ストレスは皮脂を過剰に分泌することもあるからなんです。皮脂が過剰に部運筆されることで、毛穴が押し広げられて開いたり、角栓がたまったり、黒ずみなどが起ったりするからなんです。ストレスが続くと自律神経のバランスが乱れて、脳下垂体から副腎皮質ホルモンが多量に分泌されます。それにより男性ホルモンの分泌が高まって皮脂が増え、毛穴トラブルの原因という訳なんです。ですので、できるだけストレスがたまらないように、どこかで発散しましょう(^^♪

6.生活習慣

生活習慣
毛穴に限らず肌全般に言えることですが、食生活や睡眠、ストレス、運動など生活習慣は肌に大きな影響を与えます。というのも、糖質や脂質が多い食事ばかりをされていると、皮脂の分泌量が増え、毛穴が開いてしまうこともあるからなんです。また、睡眠不足や運動不足が続くと体の調子も悪くなるので自然と肌の機能も低下し、肌の調子も崩れていきます。適度な運動と睡眠をとり体から整えていくことも肌には大事なんです。

 

毛穴の働きは皮脂の出口

毛穴
毛穴が開いたり黒ずんだり、ニキビができたりして肌のトラブルになる毛穴ですが、そもそも毛穴はなんのためにあるのかと言うと、皮脂や汗、老廃物を排出するところなんです。また、毛穴から分泌される皮脂と汗が合わさることで、皮脂膜を形成して、お肌内部の水分が逃げないようにもしています。その皮脂膜は、外部からの刺激からお肌を保護する大切なバリアとしての役割を果たしているんです。そのほか、体温調整の働きもある大切な毛穴なんですよ(^^♪

 

毛穴を目立たなくするためのおすすめ原因別お手入れ方法

気になる毛穴ですがどのようにお手入れをすれば良いのでしょうか?
そこで、目立つ原因別に毛穴のお手入れ方法をご紹介致します。

 毛穴が目立つ原因  オススメお手入れ方法
 肌のたるみにより毛穴が目立つ方 肌のハリと弾力を回復する必要があります。肌に含まれるコラーゲンやエラスチンの減少が考えられるので、コラーゲンを増やす効果があるレチノール配合の化粧品やビタミンC誘導体(L-アスコルビン酸)が配合された化粧品などがおすすめです。レチノールとは、「ビタミンA」のことで、高いエイジングケア効果があり、粘膜や皮膚を健康に保つ効果があると言われています。また、ビタミンC誘導体とは、ビタミンCを肌へ浸透しやすくしたもので、ハリ・弾力を担うコラーゲンを増やしたり、メラニンの生成を抑制してシミ・そばかすを防ぐ効果があります。
 肌の乾燥により毛穴が目立つ方 肌の乾燥には、加齢によるものや、脂性によるもの、敏感肌による乾燥があります。
加齢によって肌が乾燥している方は、角質層のセラミドやコラーゲンが加齢とともに減少しているので乳液やクリームをたっぷり塗って保湿することが大切です。また、脂性による乾燥肌の方は、洗顔しすぎに注意することが大事です。また、敏感肌による乾燥肌の方は、添加物の少ない良質なスキンケア製品を選ぶようにましょう。
 角栓のつまり・黒ずみにより毛穴が目立つ方 角栓のつまりや黒ずみは、古くなった皮膚やファンデーション、日焼け止めが皮脂と混ざり、酸化することで起こります。ですので、一度、使用しているクレンジングを見直してみましょう。洗浄力の強いクレンジングを使っていると角栓だけではなく肌表面の角質も剥がれやすくしているんです。オススメは、酵素洗顔です。なぜなら、角栓は、皮脂とタンパク質が混じってかたくなったものです。酵素はタンパク質を分解する力があり、角栓の中の角質を分解して、除去することができるから角栓には効果的なんです(^^♪
 毛穴の開きにより毛穴が目立つ方 毛穴が開いてしまう原因には、さまざまな要因がありますが、主に皮脂の過剰分泌や肌の乾燥、加齢による肌のたるみ、ニキビ痕などがあります。たとえば、皮脂が過剰に増えると皮脂線が発達し、皮脂の出口が大きくなってしまうため毛穴が開く原因になります。また、肌が乾燥すると水分不足になり肌のキメが乱れて毛穴が目立ってしまうのです。毛穴の開きを防ぐには、正しい洗顔と保湿が大事です。肌を洗うときはゴシゴシと強くこすらず、やさしく、丁寧に洗ってあげることで、余分な皮脂を取りすぎないようにしましょう。また、毛穴の開きを気にしすぎて、過度な毛穴パックや刺激の強いピーリング剤を使うとかえって肌を傷つけることもありますので注意しましょう。オススメは収れん作用がある成分を配合した化粧品を使用することです。収れん作用とは肌を引き締めることを言います。その収れん作用のある成分とは、アーティチョーク(アーチチョーク葉エキス)やハマメリスエキスです。ですのでアーティチョーク(アーチチョーク葉エキス)やハマメリスエキスが配合された化粧品をご使用されてみてはいかがでしょうか。
アーティチョーク(アーチチョーク葉エキス)とは、フランス料理などにも用いられる食用植物の西洋野菜で、食べて美味しいだけでなく、実は健康・美容にも効果があります。西洋では伝統的な植物療法でも活用され、紀元前のギリシア・ローマ時代から美肌に効果的なハーブとしてヨーグルトに混ぜたり、美容パックとしても使用されていました。このアーティチョークの葉から抽出したエキスが、「アーティチョーク葉エキス」です。アーティチョーク葉エキスの成分に含まれる「シナロピクリン」には、肌荒れを防いだり、ハリや弾力をUPさせるなどの美肌効果があります。また、毛穴トラブルにも効果が成分としても注目されています。

ハマメリスエキスとは、マンサク科植物アメリカマンサク(ハマメリス)の葉や樹皮から抽出された成分で、英名では「ウイッチヘーゼル」と呼ばれます。化粧品成分として古くから利用されていて安全性が高い成分です。このハマメリスエキスには収れん作用があり、肌を引き締めてキメを整えてくれます。肌を健やかに保ち、皮脂の出過ぎを抑えるためニキビや毛穴の開きなどの改善に効果があります。

 

スマホ下がり肌とブルーライトに注意!肌の調子が悪い女性必見です!

最近、「目元がたるんできた」、「肌が乾燥する」、「ニキビが増えた」、「ほうれい線が深くなった」、「首にたるみができた」など感じることはありませんか?
いつもと変わらない食生活、いつもと同じスキンケアをしているのに肌の調子が悪い。
加齢のせいですませていたりしませんか?
もしかするとそれらの原因はスマホかもしれません。
というのもスマホを見ている時の顔は常に下向きだから、肌に重力がかかる以上に垂れ下がっています。今話題の「スマホ下がり肌」が起きている可能性があります。
またスマホを覗き込むことで首にシワやたるみができたり、猫背になったりすることもあるんです。
さらにスマホやパソコンから出るブルーライトという青い光が、紫外線(UVB)よりもより深く肌の内部まで到達し、シミやくすみ、乾燥肌、肌老化を引き起こす原因にもなるんです。
そこで今回はこのブルーライトの肌への影響や対策、紫外線との違いについてご紹介を致します。


「スマホ下がり肌やブルーライト」に対するこんな悩みや疑問はお持ちではないでしょうか?
・スマホ下がり肌って何?
・スマホ下がり肌はどうして起こるの?
・ブルーライトと紫外線との違いは何?
・ブルーライトはスマホ以外の機器からも出ているの?
・ブルーライトは体にどのような影響を与えるの?
・ブルーライトへはどのような対策をすればよいの?

その悩みや疑問の解消に向けて、ブルーライトの肌への影響や対策、紫外線との違いについてご紹介を致します。


スマホ下がり肌に注意!目元のたるみだけじゃない

スマホ下がり肌が顔や首のたるみの原因

 
スマホ下がり肌って何? どうして起こるの?


スマホ下がり肌とは、スマートフォンやタブレットを触るときのうつむいた姿勢で引き起こされる肌の垂れ下がりやあご下のたるみ、もたつきのことを言います。
大手化粧品メーカーのファンケルが20~60代女性500名を対象に調査をしたところ、寝る直前までスマホを使用している人が94%、就寝までの使用時間は、平均で約34分、長い時は約80分も使用しているがことが分かったそうです。
また、20代から40代の多くの方が1日1時間から2時間はスマホを触るといわれています。
このように長い時間うつむいた姿勢を続けることにより、口角の筋肉が弱まり下がってくることになります。
口角が下がることによって口元のもたるむ原因になります。
さらに頬に沿ってある筋肉も下がることによりほうれい線が深くなったりするんです。
今は無くてはならないスマホですが使用する時の姿勢や時間によっては顔や首のたるみを引き起こすようです。

 

ブルーライトと紫外線との違い

 
ブルーライトと紫外線はどう違うの?


紫外線のうち人体に影響があるのはUVAUVBの2種類です。
このUVAは、皮膚の奥深い真皮まで到着し、肌を黒くさせる色素沈着(サンタン)を起こしたり、シミ、しわ・たるみなどの、肌の光老化を引き起こす原因となります。波長が長いために曇りの日も注意が必要で、室内にいても窓ガラス越しに入り込みます。

また、UVBは波長が短いため表皮までしか到着できません。しかし、肌が赤くなる炎症(サンバーン)を起こし、シミやソバカスなどを起こしたり、肌の乾燥の原因にもなります。特に、春から夏の晴れた日には注意が必要です。

一方のブルーライトは、紫外線よりも波長が長いため真皮というより深い層まで入り、色素沈着を引き起こし、シミやくすみの原因になります。さらにブルーライトは熱も持っているために肌乾燥を引き起こすこともあります。

ブルーライトと紫外線との違い

ですから紫外線よりもブルーライトの方が肌に与える影響は大きいと言えるんです。

ブルーライトはスマホ以外の機器からも出ている

 
ブルーライトはスマホ以外の機器からも出ているの?


ブルーライトはスマホ以外の機器からも出ている

ブルーライトが出ているのはなにもスマホだけではありません。
パソコンやテレビからもブルーライトは出ています。
それらの中でもパソコンやスマホから一番ブルーライトを浴びていると言えます。
なぜならテレビと違ってパソコンやスマホは使用している距離が極端に短いからです。
当然、使用している距離が短ければ短いほどブルーライトを浴びています。
また、20代から40代の多くの方が1日1時間から2時間はスマホを触るといわれています。
ブルーライトをフィルターするフィルムをスマホに貼っている場合は別ですが、それだけの時間ブルーライトを浴びているということになるんです。
しかも職場や家でパソコンを触られている方はもっと多くのブルーライトを浴びていることになります。

 

ブルーライトが身体に与える影響

 
ブルーライトは身体にどのような影響を与えるの?


ブルーライトはこのように身体に影響を与えます。
・シミ
・くすみ
・色素沈着
・肌老化
・睡眠障害

ブルーライトは、「シミ」、「くすみ」、「色素沈着」、「肌老化」、「睡眠障害」など肌に影響を及ぼしたり睡眠まで影響を与えることが分かっています。
というのもブルーライトの光が皮膚の奥の「真皮層」に入り込むと、肌を守るためにメラニンが生成され、色素沈着を引き起こすことでシミ・くすみの原因になるんです。
また、ブルーライトの光の熱で肌の水分が奪われ、乾燥する原因にもなります。

さらに、夜にブルーライトを浴びると、脳がまだ昼間だと勘違いして睡眠を促す睡眠ホルモン「メラトニン」の分泌がストップしてしまうため、寝つきが悪くなったり浅かったりと睡眠障害を引き起こす原因にもなります。
また、睡眠障害が引き起こされることで肌にも悪影響を及ぼすことにもなるんです。

 

ブルーライトへの対策

 
ブルーライトへはどのような対策をすればよいの?


ブルーライトを防ぐ対策をご紹介致します。
・ブルーライトをカットするフィルムを購入する
・ディスプレイの明るさを下げる
・ブルーライトをカットするソフトを使用する

ブルーライトを防ぐ対策には「ブルーライトをカットするフィルムを購入する」、「ディスプレイの明るさを下げる」、「ブルーライトをカットするソフトを使用する」などがあります。
ブルーライトをカットするフィルムは電気量販店や楽天市場楽天市場アマゾンアマゾンで1,000円前後で販売されています。
ブルーライトをカットするソフトもスマホ用(アンドロイド、iPhone)やパソコン用が無料で提供されていますのでインストールされてみてはいかがでしょうか。