何とかしたい肌の悩みTOP10

肌悩みの1位はしみ、2位は毛穴の開き 年代で肌悩みが変わる!

大手美容家電販売会社が20代から50代の女性を対象に「肌悩み」に関する調査を行ったところ、約8割の女性が肌に自信がないと回答しています。
年代別に見ると、20代で71%、30代で80%、40代で80%、50代で77%と、女性の7割以上の方が肌で何らかの悩みをもっていることが分かりました。
20代でも7割以上の女性が、肌に自信を持っていないんですよ。
しみ」と「毛穴の開き」は、どの年代をとおしても常に上位5位までに入っています。
年齢が下がるほど、「毛穴の黒ずみ」や「にきび」で悩む方の割合が高くなります。逆に年齢が上がると、「ハリ・弾力のなさ」や「しわ」で悩む方の割合が高くなりました。

こちらが20代から50代の女性がもつ共通の肌悩みの総合ランキングです。

 1位  しみ
 2位  毛穴の開き
 3位  乾燥・かさつき
 4位  毛穴の黒ずみ
 5位  くすみ
 6位  しわ
 7位  ハリ・弾力のなさ
 8位  クマ
 9位  にきび
 10位  ツヤのなさ
 10位  ベタつき

「年齢に合わせたスキンケアが必要」と93%もの方がと回答した一方で、「十分にできていると思う」と回答したのはわずか7%なんです。
残りの93%の方は「できていないと思う」という結果が出ています。
多くの方は、「お金がかかる」、「面倒」、「方法が分からない」と言った理由からスキンケアをされていないようです。
しかし、「年齢に合わせたスキンケア」を十分にされている方の71%が、「肌に自信がある」と回答しているんですよ。
だから、十分にスキンケアをされている方は、「肌に自信がもてる」と回答しているんです♪
ですので皆さん! 諦めずに十分にお肌の手入れをしましょう!
手を抜いていると今は大丈夫でも2年・3年後にはシミやシワ、黒ずみ、毛穴の開きなどが大きく跳ね返って来てしまいますよ(^^♪

毛穴を目立たなく したい方必見!毛穴のオススメお手入れ法とは!?

年齢を重ねるごとに、目立つ毛穴の数は増えていきます。
毛穴の数が増えている訳ではありません。
というのも毛穴の数は生まれた時から増減はしないと言われているからです。
では、なぜ毛穴が目立ってしまうのでしょう?
それは、毛穴が開いてたり、肌がたるんでしまっているからなんです。
目立つ毛穴は顔に影を作って、顔全体の印象まで変えてしまいます。
そこで、今回は毛穴が目立つ理由と目立たなくするにはどのようなお手入れが良いのかをご紹介致します。
毛穴を目立たなく したい方必見!毛穴のオススメお手入れ法とは!?

毛穴が目立ってしまうの6つの理由

年齢を重ねるごとに、顔全体がなぜか暗い感じで、どことなく以前と違ってきているような・・・。
それは気のせいではありません、もしすると毛穴が開いたり、肌がたるんだりして毛穴が目立ってきているからかも知れません。
なぜなら、毛穴が目立つと顔に影ができて、顔全体の印象が暗くなりがちだからです。
では、なぜ毛穴が目立ってしまうのでしょうか?
それには6つの理由があります。
でも安心してください、それらはすべてちょっとしたスキンケアをするだけで改善できてしまいます。
1.肌のたるみ
2.肌の乾燥
3.角栓のつまり・黒ずみ
4.毛穴の開き
5.ストレス
6.生活習慣

1.肌のたるみ

美肌

肌がたるむことで毛穴が下に引っ張られて毛穴が開いて目立ってしまいます。
この場合、毛穴が縦長でしずくのような形になります。
これは加齢による筋肉の衰えや紫外線などが原因で肌がたるみ、重力に引っ張られおきてしまいます。
肌の水分量やコラーゲンが減ってハリが失われているので、十分な保湿をしてあげることが大切です。

2.肌の乾燥

肌の乾燥

本来、肌は角質がバリアとなり、水分を保持しています。健康な肌は、汗などの水分と皮脂が混ざり合ってできた皮脂膜で覆われていて、角質層にたまった水分の蒸発を防ぐことによって皮膚の潤いが保たれています。
が、加齢や紫外線により角質層が傷ついたり、皮脂が減少すると、バリア機能が弱まり肌の潤いや水分が不足し肌が乾燥します。
肌の乾燥には、加齢によるものや、脂性によるもの、敏感肌による乾燥があります。
加齢によって肌が乾燥している方は、角質層のセラミドやコラーゲンが加齢とともに減少しているので乳液やクリームをたっぷり塗って保湿することが大切です。また、脂性による乾燥肌の方は、洗顔しすぎに注意することが大事です。また、敏感肌による乾燥肌の方は、添加物の少ない良質なスキンケア製品を選ぶようにましょう。

3.角栓のつまり・黒ずみ

角栓のつまり・黒ずみ

角栓のつまりや黒ずみは、古くなった皮膚やファンデーション、日焼け止めが皮脂と混ざり、酸化することで起こります。ですので、一度、使用しているクレンジングを見直してみましょう。というのも、角栓ができる最大の原因はクレンジングが大きく関係しているからです。洗浄力の強いクレンジングを使っていると角栓だけではなく肌表面の角質も剥がれやすくしているんです。

4.毛穴の開き

毛穴の開き
毛穴が開いてしまう原因には、さまざまな要因がありますが、主に皮脂の過剰分泌や肌の乾燥、加齢による肌のたるみ、ニキビ痕などがあります。たとえば、皮脂が過剰に増えると皮脂線が発達し、皮脂の出口が大きくなってしまうため毛穴が開く原因になります。また、肌が乾燥すると水分不足になり肌のキメが乱れて毛穴が目立ってしまうのです。毛穴の開きを防ぐには、正しい洗顔と保湿が大事です。肌を洗うときはゴシゴシと強くこすらず、やさしく、丁寧に洗ってあげることで、余分な皮脂を取りすぎないようにしましょう。また、毛穴の開きを気にしすぎて、過度な毛穴パックや刺激の強いピーリング剤を使うとかえって肌を傷つけることもありますので注意しましょう。

5.ストレス

ストレス
毛穴が開いたり目立ってしまう原因にストレスも関係しています。というのは、ストレスは皮脂を過剰に分泌することもあるからなんです。皮脂が過剰に部運筆されることで、毛穴が押し広げられて開いたり、角栓がたまったり、黒ずみなどが起ったりするからなんです。ストレスが続くと自律神経のバランスが乱れて、脳下垂体から副腎皮質ホルモンが多量に分泌されます。それにより男性ホルモンの分泌が高まって皮脂が増え、毛穴トラブルの原因という訳なんです。ですので、できるだけストレスがたまらないように、どこかで発散しましょう(^^♪

6.生活習慣

生活習慣
毛穴に限らず肌全般に言えることですが、食生活や睡眠、ストレス、運動など生活習慣は肌に大きな影響を与えます。というのも、糖質や脂質が多い食事ばかりをされていると、皮脂の分泌量が増え、毛穴が開いてしまうこともあるからなんです。また、睡眠不足や運動不足が続くと体の調子も悪くなるので自然と肌の機能も低下し、肌の調子も崩れていきます。適度な運動と睡眠をとり体から整えていくことも肌には大事なんです。

 

毛穴の働きは皮脂の出口

毛穴
毛穴が開いたり黒ずんだり、ニキビができたりして肌のトラブルになる毛穴ですが、そもそも毛穴はなんのためにあるのかと言うと、皮脂や汗、老廃物を排出するところなんです。また、毛穴から分泌される皮脂と汗が合わさることで、皮脂膜を形成して、お肌内部の水分が逃げないようにもしています。その皮脂膜は、外部からの刺激からお肌を保護する大切なバリアとしての役割を果たしているんです。そのほか、体温調整の働きもある大切な毛穴なんですよ(^^♪

 

毛穴を目立たなくするためのおすすめ原因別お手入れ方法

気になる毛穴ですがどのようにお手入れをすれば良いのでしょうか?
そこで、目立つ原因別に毛穴のお手入れ方法をご紹介致します。

 毛穴が目立つ原因  オススメお手入れ方法
 肌のたるみにより毛穴が目立つ方 肌のハリと弾力を回復する必要があります。肌に含まれるコラーゲンやエラスチンの減少が考えられるので、コラーゲンを増やす効果があるレチノール配合の化粧品やビタミンC誘導体(L-アスコルビン酸)が配合された化粧品などがおすすめです。レチノールとは、「ビタミンA」のことで、高いエイジングケア効果があり、粘膜や皮膚を健康に保つ効果があると言われています。また、ビタミンC誘導体とは、ビタミンCを肌へ浸透しやすくしたもので、ハリ・弾力を担うコラーゲンを増やしたり、メラニンの生成を抑制してシミ・そばかすを防ぐ効果があります。
 肌の乾燥により毛穴が目立つ方 肌の乾燥には、加齢によるものや、脂性によるもの、敏感肌による乾燥があります。
加齢によって肌が乾燥している方は、角質層のセラミドやコラーゲンが加齢とともに減少しているので乳液やクリームをたっぷり塗って保湿することが大切です。また、脂性による乾燥肌の方は、洗顔しすぎに注意することが大事です。また、敏感肌による乾燥肌の方は、添加物の少ない良質なスキンケア製品を選ぶようにましょう。
 角栓のつまり・黒ずみにより毛穴が目立つ方 角栓のつまりや黒ずみは、古くなった皮膚やファンデーション、日焼け止めが皮脂と混ざり、酸化することで起こります。ですので、一度、使用しているクレンジングを見直してみましょう。洗浄力の強いクレンジングを使っていると角栓だけではなく肌表面の角質も剥がれやすくしているんです。オススメは、酵素洗顔です。なぜなら、角栓は、皮脂とタンパク質が混じってかたくなったものです。酵素はタンパク質を分解する力があり、角栓の中の角質を分解して、除去することができるから角栓には効果的なんです(^^♪
 毛穴の開きにより毛穴が目立つ方 毛穴が開いてしまう原因には、さまざまな要因がありますが、主に皮脂の過剰分泌や肌の乾燥、加齢による肌のたるみ、ニキビ痕などがあります。たとえば、皮脂が過剰に増えると皮脂線が発達し、皮脂の出口が大きくなってしまうため毛穴が開く原因になります。また、肌が乾燥すると水分不足になり肌のキメが乱れて毛穴が目立ってしまうのです。毛穴の開きを防ぐには、正しい洗顔と保湿が大事です。肌を洗うときはゴシゴシと強くこすらず、やさしく、丁寧に洗ってあげることで、余分な皮脂を取りすぎないようにしましょう。また、毛穴の開きを気にしすぎて、過度な毛穴パックや刺激の強いピーリング剤を使うとかえって肌を傷つけることもありますので注意しましょう。オススメは収れん作用がある成分を配合した化粧品を使用することです。収れん作用とは肌を引き締めることを言います。その収れん作用のある成分とは、アーティチョーク(アーチチョーク葉エキス)やハマメリスエキスです。ですのでアーティチョーク(アーチチョーク葉エキス)やハマメリスエキスが配合された化粧品をご使用されてみてはいかがでしょうか。
アーティチョーク(アーチチョーク葉エキス)とは、フランス料理などにも用いられる食用植物の西洋野菜で、食べて美味しいだけでなく、実は健康・美容にも効果があります。西洋では伝統的な植物療法でも活用され、紀元前のギリシア・ローマ時代から美肌に効果的なハーブとしてヨーグルトに混ぜたり、美容パックとしても使用されていました。このアーティチョークの葉から抽出したエキスが、「アーティチョーク葉エキス」です。アーティチョーク葉エキスの成分に含まれる「シナロピクリン」には、肌荒れを防いだり、ハリや弾力をUPさせるなどの美肌効果があります。また、毛穴トラブルにも効果が成分としても注目されています。

ハマメリスエキスとは、マンサク科植物アメリカマンサク(ハマメリス)の葉や樹皮から抽出された成分で、英名では「ウイッチヘーゼル」と呼ばれます。化粧品成分として古くから利用されていて安全性が高い成分です。このハマメリスエキスには収れん作用があり、肌を引き締めてキメを整えてくれます。肌を健やかに保ち、皮脂の出過ぎを抑えるためニキビや毛穴の開きなどの改善に効果があります。

 

どうにかしたい顔のシミ!顔の気になるシミを薄くする方法を教えて!

日焼け止めを塗って、サンバイザーを使って紫外線から肌を守っているつもりでも気が付けば顔とデコルテにシミが・・・。
シミができた顔を鏡で見るとガクッと落ち込むことも。
美容家電を販売するヤーマンが20~50代の女性500名を対象とした「肌悩み」に関する調査をしたところ、40代、50代の1位がシミ、30代でも2位、20代は5位になるほどシミは多くの女性が持つ肌悩みなんです。
このできたシミは薄くすることができるんでしょうか?
そこで今回は、このできたシミについて、セルフケアから美容医療までシミを消すための対策を詳しくご紹介していきます。
本気のケアで、シミのない美肌を目指しましょう!


シミに対するこんな不安や疑問はお持ちではないでしょうか?
・シミの原因は紫外線?
・できてしまったシミは消すことができるの?
・化粧品でシミを消すことはできる?
・シミを消す治療法にはどんな方法があるの?
・どんな化粧品を使えばシミを予防できるの?

その不安や疑問の解消に向けて、シミの原因やセルフケアの方法、治療方法、UVケア化粧品などを分かりやすくまとめてみました。

美肌

シミの主な原因は紫外線

シミの主な原因は紫外線です。そのほか、遺伝や女性ホルモンの乱れなどもありますが、多くの女性が悩まれているシミの老人性色素斑(日光黒子)の原因は紫外線なんです。シミと言っても種類は様々でセルフケアで消せるシミと消せないシミがあります。まずはどんなシミがあるのかをご覧いただいて、ご自身のシミがどのシミに該当するのかをチェックしてみて下さい。
老人性色素斑は、顔や腕、手の甲、デコルテなど紫外線をよく浴びる部位にシミができるます。日光黒子とも呼ばれることがあります。茶褐色から茶色のシミで輪郭がはっきりしているのが特徴で、多くの女性が悩んでいるシミがこの老人性色素斑になります。この老人性色素班が更に時間を重ね、盛り上がってきたり、層が厚くなった状態が脂漏性角化症です。
炎症性色素沈着は、かぶれや傷跡、虫刺され、ニキビ跡、アトピー性皮膚炎などの炎症が原因でできるシミです。火傷や外傷による傷が完治後数ヶ月で徐々に消えますが、アトピー性皮膚炎やかぶれは炎症がおさまらない限りシミは消えません。
肝斑(かんぱん)は、女性ホルモンの乱れが原因で妊婦さんにこのシミが多く見られます。頬骨にそって、目の周りを避け、左右対称に出来るのが肝斑の特徴です。
また、そばかすは、多くの場合は鼻と左右の頬を中心に現れ、顔以外にも胸元のデコルテや肩、首など、紫外線を浴びやすい部位にできるという特徴があります。幼少期からあらわれ、10代の思春期にかけて徐々に濃くなっていくものの、それ以降は加齢に伴い薄くなっていくこともあるのが特徴です。
花弁状色素斑は、肩から背中にかけてたくさんできるシミです。強い日焼けがきっかけで、メラニン色素が過剰に作られる状態が続いてしまうことが原因です。

シミの種類

シミの種類と原因・特徴

 

シミのタイプから分かるセルフケアができないシミとできるシミ

どのようなタイプのシミがあるかご覧頂きましたが、それらのシミがセルフケアできるのかどうかをまとめましたのでご紹介致します。

  セルフケア  レーザー治療
 老人性色素斑
 炎症性色素沈着 大変満足
 肝斑(かんぱん) 大変満足
 そばかす 大変満足
 脂漏性角化症 大変満足
 花弁状色素斑 大変満足

老人性色素斑は多くの方が40代以降に現れるシミですが、スポーツやレジャーなどで紫外線を多く浴びる機会が多かった方は20代でも老人性色素斑が現れることとがあります。
最近では、シミに効果がある化粧品やサプリメントが多く販売されていますが、予防はできても、一度できたシミはなかなか消すことが難しいようです。
というのも、紫外線によるダメージで生成されたメラニンが、何年何十年分も蓄積されたものだからです。
炎症性色素沈着は、キズや炎症がおさまったり治ることで、数ヶ月後にはシミも徐々に消えていきます。
肝斑(かんぱん)は、テレビCMをご覧になられた方も多いと思いますが、第一三共ヘルスケアの「トランシーノII」の飲み薬が有名ですよね。1回2錠で4週間程度で症状が改善されるようです。
そばかすや脂漏性角化症、花弁状色素斑らはレーザー治療で改善することができます(^^♪

 

シミに効果的な化粧品を選ぶポイント

最近はシミに効果をもたらす化粧品やサプリメントも多く販売されていますが、シミは一度作ってしまうと消すことは難しいです。
シミを日々ケアする方法として、美白化粧品を使うという選択肢もありますが、やみくもに美白をうたった化粧品に手を出しても効果が出ないどころか、逆に肌をいためることもあります。そこでシミに効果的な化粧品を選ぶポイントをご紹介致します。

1.厚生労働省が認可した「薬用美白成分」が配合されている化粧品を選ぶ

美白成分にも色々とありますが、厚生労働省が認可した「薬用美白成分」が配合されているものを選ぶと安心です。「薬用美白成分」には以下のようなものがあります。

 アルブチン  ビタミンC誘導体  カモミラET
 エラグ酸  プラセンタエキス  トラネキサム酸
 ルシノール  リノール酸  マグノリグナン
 コウジ酸  4-メトキシサリチル酸カリウム塩  ハイドロキノン

 

2.「医薬部外品」と表示された化粧品を選ぶ

化粧品のなかには、美白とうたいながら、美白成分が配合されていなかったり、配合されていても効果が発揮されないほどの少量しか含まれていなかったりすることもあります。そこで購入する際は、「医薬部外品」の表示があるかどうか確かめてみましょう。「医薬部外品」の認可を受けた化粧品は、決められた分量の美白成分が配合されているから確実なんです。

一度できたシミはなかなか消してしまうことはできません。いくら美白成分が配合された「医薬部外品」だからといっても医薬品とは違い即効性はありません。新たにメラニンが作られるのを防いだり、減少させる効果がありますがすぐに消えるということはないんです。シミの原因となるメラニンは日々生成されるので、それを抑制する化粧品は、毎日使わないと意味がありません。普段から日焼け止めを使ったり、日傘やサンバイザーなど紫外線対策をしっかりすることも重要です。

 

シミを消す治療法は多種多様

美容皮膚科のシミを消す治療法には、レーザーによる方法から、内服液の使用まで様々な方法があります。
レーザーで行うシミ取りとは、シミを焼き切って消していく方法です。焼き切っているためにレーザーが照射された部位はカサブタになります。1週間程度でかさぶたが剥がれはじめ、徐々に色が薄くなったあと、数ヶ月が経過するとシミが消えていきます。 そのほかにも、光を照射してシミを治療するレーザートーニングや美肌トリートメント、美容点滴、内服薬などがあります。
それら治療方法や価格をまとめましたのでご紹介致します。

 治療方法  費用(相場)  ダウンタイム  回数
 QスイッチYAGレーザー  1万円~3万円(1cmx1cm)  1週間  1回
 レーザートーニング  15万円~24万円(5回)  ナシ  3回~7回
 美肌トリートメント  5千円~3万円  ナシ  1回
 美容点滴  1万円~3万円  ナシ  1回

レーザートーニングは、ダウンタイムはないものの高額な費用がかかります。初回は数千円から受けられるのですが、5回で24万円もかかるクリニックもあります。
美容トリートメントは、インフュージョンという機械を使って皮膚のバリアを開放させて効能に応じて造られたイオン溶液を効率よく浸透、吸収させる治療方法です。
また、美容点滴は美肌づくりに必要なタオチンやビタミンCなどの有効成分を、点滴として直接体内に送りこむ治療法です。直接皮膚内部へ有効成分を届けるので薬よりも有効成分の吸収力もよく、高い即効性を実感できるという特徴があります。

 

驚愕!肌悩みの1位はしみ、2位は毛穴の開き 年代で肌悩みが変わる!?

髪は女の命という言葉がありますが、肌も同じく女の命♪
その日の肌の状態によっては気分がウキウキしたりしますが、逆に肌の状態が悪いと気分が落ち込んでしまうこともあります。
ある大手美容家電販売会社が20代から50代の女性を対象に「肌悩み」に関する調査を行ったところ、約8割の女性が肌に自信がないと回答しています。
年代別でみると、年齢が若い年代では「ニキビ」や「毛穴の黒ずみ」で悩んでいる方が多いのに対して、年代が上がると「ハリ・弾力のなさ」や「しわ」で悩まれている方が多いです。
また、年代別によるスキンケアが必要と思いいつつも、実際は「お金がかかる」、「面倒」などの理由から十分なスキンケアができていないようです。
が、十分なスキンケアができていると回答した方の7割の方が肌に自信が持てるとも回答しているんですよ♪
そこで、今回は20代から50代の女性がもつ共通の肌悩みのご紹介や年代別での肌悩みをご紹介いたします。

肌悩みの1位はしみ、2位は毛穴の開き 年代で肌悩みが変わる!

20代~50代の肌悩み1位はしみ、2位は毛穴の開き、3位は乾燥・かさつき

大手美容家電販売会社が20代から50代の女性を対象に「肌悩み」に関する調査を行ったところ、約8割の女性が肌に自信がないと回答しています。
年代別に見ると、20代で71%、30代で80%、40代で80%、50代で77%と、女性の7割以上の方が肌で何らかの悩みをもっていることが分かりました。
20代でも7割以上の女性が、肌に自信を持っていないんですよ。
しみ」と「毛穴の開き」は、どの年代をとおしても常に上位5位までに入っています。
年齢が下がるほど、「毛穴の黒ずみ」や「にきび」で悩む方の割合が高くなります。
逆に年齢が上がると、「ハリ・弾力のなさ」や「しわ」で悩む方の割合が高くなりました。

こちらが20代から50代の女性がもつ共通の肌悩みの総合ランキングです。

 1位  しみ
 2位  毛穴の開き
 3位  乾燥・かさつき
 4位  毛穴の黒ずみ
 5位  くすみ
 6位  しわ
 7位  ハリ・弾力のなさ
 8位  クマ
 9位  にきび
 10位  ツヤのなさ
 10位  ベタつき

 

年代別の肌悩みもご紹介致します。

[20代の肌悩み]

 1位  毛穴の黒ずみ
 2位  乾燥・かさつき
 3位  毛穴の開き
 4位  にきび
 5位  しみ
 6位  ベタつき
 6位  クマ
 6位  ざらつき
 9位  くすみ
 10位  目元のうるおい不足

 

[30代の肌悩み]

 1位  毛穴の開き
 1位  しみ
 3位  毛穴の黒ずみ
 4位  乾燥・かさつき
 5位  くすみ
 5位  クマ
 7位  ハリ・弾力のなさ
 8位   しわ
 9位  にきび
 10位  ざらつき

 

[40代の肌悩み]

 1位  しみ
 2位  乾燥・かさつき
 2位  毛穴の開き
 4位  くすみ
 5位  しわ
 6位  ハリ・弾力のなさ
 6位  毛穴の黒ずみ
 8位  クマ
 9位  ツヤのなさ
 9位  ベタつき

 

[50代の肌悩み]

 1位  しみ
 2位  しわ
 2  ハリ・弾力のなさ
 4位  くすみ
 5位  毛穴の開き
 6位  乾燥・かさつき
 7位  ツヤのなさ
 8位  目元のうるおい不足
 9位  クマ
 10位  毛穴の黒ずみ

 

十分にスキンケアをされている方は、肌に自信をもっている!

「年齢に合わせたスキンケアが必要」と93%もの方がと回答した一方で、「十分にできていると思う」と回答したのはわずか7%なんです。
残りの93%の方は「できていないと思う」という結果が出ています。
多くの方は、「お金がかかる」、「面倒」、「方法が分からない」と言った理由からスキンケアをされていないようです。
しかし、「年齢に合わせたスキンケア」を十分にされている方の71%が、「肌に自信がある」と回答しているんですよ。
だから、十分にスキンケアをされている方は、「肌に自信がもてる」と回答しているんです♪
ですので皆さん! 諦めずに十分にお肌の手入れをしましょう!
手を抜いていると今は大丈夫でも2年・3年後にはシミやシワ、黒ずみ、毛穴の開きなどで大きく跳ね返って来てしまいますよ(^^♪

 

「年代で肌悩みが変わる!」のまとめ

今回は、「驚愕!肌悩みの1位はしみ、2位は毛穴の開き 年代で肌悩みが変わる!?」との内容で年代共通の女性の肌悩みの紹介や年代別での肌悩みをご紹介させて頂きました。


「年代で肌悩みが変わる!」のまとめ
 大手美容家電販売会社が20代から50代の女性を対象に「肌悩み」に関する調査を行ったところ、約8割の女性が肌に自信がないと回答されていることが分かった。
 年代別に見ると、20代で71%、30代で80%、40代で80%、50代で77%と、女性の7割以上の方が肌で何らかの悩みをもっている。
 「しみ」と「毛穴の開き」は、どの年代をとおしても常に上位5位までに入っている。
 年齢が下がるほど、「毛穴の黒ずみ」や「にきび」で悩む方の割合が高くなる。逆に年齢が上がると、「ハリ・弾力のなさ」や「しわ」で悩む方の割合が高くなる。
 「年齢に合わせたスキンケアが必要」と93%もの方がと回答した一方で、「十分にできていると思う」と回答したのはわずか7%。残りの93%の方は「できていないと思う」という結果が出ている。
 多くの方は、「お金がかかる」、「面倒」、「方法が分からない」と言った理由から十分なスキンケアをされていない。
 「年齢に合わせたスキンケア」を十分にされている方の71%が、「肌に自信がある」と回答。十分にスキンケアをされている方は、「肌に自信がもてる」と回答していることが分かった。