ターンオーバーを正常化して促進する食べ物

Facebook にシェア

LINEで送る
Pocket


ターンオーバーが長くなるとく、シミやシワ、くすみや毛穴の汚れ、ニキビなどの原因になります。
それは、古い角質細胞が肌に残ったままになり、肌は潤いを無くしカサカサになるからです。
また、紫外線を浴びて生成されたメラニンは排出されずにいつまでも残ってしまってしまうために肌がくすみっぱなしにもなるんです。
ターンオーバーは10代、20代は28日周期ですが、30歳代では40日、40歳代では50日、50歳代は75日、60歳代になると100日にもなると言われています。
そこで今回はターンオーバーを正常化して促進する食べ物をご紹介致します。

ターンオーバーを正常化して促進する食べ物

ターンオーバーを正常化して促進する食べ物

ターンオーバーを正常化して促進する食べ物には、なんといってもバランスの良い食事が欠かせません。
3食きっちりとバランスよく摂ることを心掛けましょう。
バランスの良い食事を摂ることが大前提ですが、ターンオーバーを正常にして促進するキーとなる食べ物は、タンパク質とビタミンB2です。
これはなぜかと言うと、タンパク質は細胞のもととなり、ビタミンB2は皮膚や粘膜の代謝を促す働きがあるからです。
ビタミンAも細胞の増殖や分化をスムーズにして、皮膚や粘膜の健康維持をサポートしてくれる栄養素です。
また、代謝促進と皮膚内のコラーゲンの生成を助ける亜鉛も欠かせません。
これらを効率よく摂取するには、ビタミンB6も併せて摂るようにしましょう。
ビタミンB6は、タンパク質の分解や生成を促進させて皮膚や粘膜を作る働きを助けるからです。

たんぱく質 肉類、魚介類、卵類、大豆製品、乳製品など
亜鉛 牡蠣、煮干し、牛肉、豚レバー、納豆、卵、玄米ご飯など
ビタミンA ニンジン、ホウレン草、しそ、カボチャ、サバ、イワシ、ウナギ、アナゴ、乳製品、卵、海苔など
ビタミンB2 レバー、ウナギ、卵、納豆、アーモンド、乳製品など
ビタミンB6 唐辛子、にんにく、パセリ、かぶ、かつお、まぐろなどの魚類、レバー、肉、バナナなど

 

オススメの食事は、「キノコの野菜の炒め物」と「モロヘイヤのスープ」です。
「キノコの野菜の炒め物」と「モロヘイヤのスープ」
※画像はcookpadより引用

なぜキノコが良いかというと、キノコはビタミンB2を多く含んでいるだけではなく、腸内環境を整える食物繊維も豊富に含まれているので吸収も良くなるからです。
また、キノコと一緒にアスパラガスや赤ピーマンなどの野菜も一緒に食べましょう。
アスパラガスや赤ピーマンには、抗酸化ビタミンであるβカロテンやビタミンC、ビタミンEを豊富に含んでいるから肌の老化を招く“活性酸素”を除去してくれるんです。
モロヘイヤもβカロテンやビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6が豊富に含まれていて、ビタミンB1やB2に限っては、ほうれん草の5倍も含まれていると言います。

 

ターンオーバーとは!?

ターンオーバーとは、皮膚の生まれ変わりのことで、表皮がどんどん新しい細胞に入れ変わっていくことです。
ちょうど「ところてん」のように後ろから新しい肌細胞に押されて前から古い肌細胞が出ていくという感じで肌の新旧が入れ変わります。
ちょっと難しい話しになりますが具体的には、肌は基底層で生まれた角化細胞(ケラチノサイト)が、肌の表面に向かって上がっていくにつれ、有棘細胞(ゆうきょく)、類粒細胞(かりゅう)と姿や役目を変えていき、最終的には角質細胞になって肌の最表面となり、古い角質細胞が自然に剥がれ落ちていきます。
これがターンオーバーなんです。
もしこのターンオーバーが正常な周期で行われず長くなってしまうと、肌には古い角質細胞が残り肌はカサカサになってしまいます。
さらに、紫外線などの刺激受けて生成されたメラニンは排出されなくなりく肌がくすんでしまうんです。
この剥がれ落ちるまでの周期が28日間前後だと理想的で常に健やかな細胞で肌の表面が覆われている状態です。
しかし、この周期がホルモンバランスや食生活の乱れや紫外線の影響で遅くなったりしてしまうんです。
一般的に20歳をピークに28日からどんどん遅くなっていきます。30歳代では40日、40歳代では50日、50歳代は75日、60歳代になると100日にもなると言われています。

 

食事以外にもターンオーバーを正常化するには「血行」が大事

食事以外にもターンオーバーを正常化する大切なものがあります。
それは「血行」です。
なぜなら、せっかく摂取した栄養素も肌の成長に役立てられなかったら意味がないからです。
栄養が血液によって十分に運ばれていることが大切なんです。
もし血液の流れに滞りがあると肌細胞はエネルギー不足できちんと育たなかったり、新しく肌細胞を生み出せなかったりします。
正しい食事をしてその栄養がきちんと巡るように血行を良くすることが大事です。
血行をよくするにはマッサージや適度な筋肉量が必須です。
重力に逆らって血をめぐらせるには筋肉による血流のポンプ作用が実は重要です。
ですので、適切な筋肉量を保持する事は健康な肌にとっても必須ともいえるんです(^^♪

 

ターンオーバーは角質ケアでも正しくできる

ターンオーバーとはピーリングやゴマージュ、スクラブなどで角質ケアをすることで、28日の周期を刻めなくなった肌を理想的な周期に近づけることができます。
このピーリングとは、酸などのケミカルな成分を使って、角質をやわらかくして剥がし落としやすくする方法です。
また、スクラブは、微粒子を使って物理的に角質を剥がし落としていく角質ケアのことです。
一方のゴマージュはハーブや植物の種などの天然成分を用いて古い角質を取り除きます。
ゴマージュやスクラブは、細かい粒子が肌の上を転がって毛穴の中の汚れを書き出すなど物理的な摩擦で古い角質も取り除くことができます。
多少肌への刺激が懸念されるため粒子が細かくでざらざらしすぎないもの、肌に伸ばした時に痛くないものを選びましょう。

 

ターンオーバーは早ければ早いほど良いは間違い

肌の生まれ変わりが早ければ常に肌が綺麗であるかというとそうでもありません。
なぜなら、まだ表面に出るべきではない未熟な細胞が出てきてしまうからです。
そのため、外的刺激から守るバリア機能を十分に果たすことができません。
肌は紫外線などの影響を受けやすくなり、乾燥や肌トラブルが起こってしまうのです。
バランスの良い食事と規則正しい生活、紫外線対策、ピーリングなどのスキンケアで年齢に応じたターンオーバーに戻すことができます。

 

シミやシワなどスキンケア商品をもっと知りたい方はこちら

 

コメントを残す